日本再生可能エネルギーインフラ投資法人

証券コード:9283

文字サイズ

ポートフォリオ一覧

  1. トップページ
  2. ポートフォリオ
  3. ポートフォリオ一覧

2018年8月10日現在

物件
番号
発電所名 取得価格
(百万円)
比率
(%)
発電所の評価額
(百万円)
パネル
出力
(kW)
買取価格
(円/kWh)
残存調達年数
    昇順降順 昇順降順 昇順降順 昇順降順    
S-01 一関市金沢太陽光発電所 3,950 19.6 3,434~4,792 10,793.64 36 17年4ヶ月
S-02 伊勢市柏町西ノ野太陽光発電所 705 3.5 613~850 2,015.78 32 17年7ヶ月
S-03 東洋町メガソーラー発電所 885 4.4 773~1,040 2,002.00 40 15年6ヶ月
S-04 気仙沼市本吉町太陽光発電所 390 1.9 347~484 1,023.88 36 17年4ヶ月
S-05 松阪市飯高町太陽光発電所(南北) 605 3.0 541~749 1,897.50 36 (北)16年8ヶ月
(南)16年11ヶ月
S-06 佐田太陽光発電所 235 1.2 243~342 673.20 36 17年10ヶ月
S-07 岡山高梁太陽光発電所 765 3.8 682~948 1,680.00 40/41.2
(注2)
15年3ヶ月
S-08 津高野尾太陽光発電所 723 3.6 622~847 1,680.00 40/41.6
(注3)
16年0ヶ月
S-09 北斗市本町太陽光発電所 469 2.3 407~577 1,382.21 32 18年10ヶ月
S-10 山元第一太陽光発電所 1,050 5.2 916~1,319 2,411.28 36 17年11ヶ月
S-11 神栖太陽光発電所 463 2.3 393~544 1,166.88 36 17年1ヶ月
S-12 亀山市白木町太陽光発電所 570 2.8 462~649 1,298.70 36 18年4ヶ月
S-13 鈴鹿市住吉町A・B太陽光発電所 596 3.0 490~716 1,468.48 32 18年6ヶ月
S-14 山神太陽光発電所 131 0.7 194~269 627.30 36 17年2ヶ月
S-15 豊田田籾太陽光発電所 559 2.8 476~716 1,224.00 36 18年7ヶ月
S-16 大分県宇佐市1号・2号太陽光発電所 1,576 7.8 1,391~1,932 3,260.40 40 16年9ヶ月
S-17 多気町野中太陽光発電所 414 2.1 349~490 1,196.47 32 18年10ヶ月
S-18 北海道芦別市1号・2号・3号太陽光発電所 1,517 7.5 1,213~1,700 3,860.52 36 19年6ヶ月
S-19 北海道苫小牧市柏原太陽光発電所 837 4.2 699~988 1,968.78 36 18年7ヶ月
S-20 宮城泉区実沢太陽光発電所 1,079 5.4 918~1,288 2,851.20 32 19年6ヶ月
S-21 三重伊勢市赤目太陽光発電所 846 4.2 707~973 2,138.17 32 18年4ヶ月
S-22 三重伊勢市岡山太陽光発電所 351 1.7 298~410 910.35 32 18年4ヶ月
S-23 三重平生太陽光発電所 265 1.3 223~308 677.16 36 19年3ヶ月
S-24 一関市金沢第二太陽光発電所 866 4.3 714~990 2,576.86 32 18年11ヶ月
S-25 宮城登米市米川太陽光発電所
270 1.3 200~281 877.50 29 19年4ヶ月
合計 20,117 17,305~24,202
(注1) 発電所の評価額(百万円)は、物件番号S-01からS-17までの発電所については2018年7月31日時点、物件番号S-18からS-25までの発電所については2018年5月31日時点の評価額を記載しています。
(注2) オペレーターSPCは、中国電力株式会社との特定契約(40円/kwh)と並行して、株式会社エナリス・パワー・マーケティング(以下「EPM」といいます。)との間でも特定契約(41.2円/kwh)を締結しており、両者の仕訳順位は、後者が前者に優先する順位とされています。もっとも、EPMとの特定契約は、両当事者が任意で中途解約することが可能であるため、受給期間満了日まで同契約が存続するとは限りません(なお、EPMとの特定契約が中途解約された場合においても、中国電力株式会社との特定契約は存続することとなります。)。
(注3) オペレーターSPCは、中部電力株式会社との特定契約(40円/kwh)と並行して、株式会社F-Powe(以下「F-Power」といいます。)との間でも特定契約(41.6円/kwh)を締結しており、両者の仕訳順位は、後者が前者に優先する順位とされています。もっとも、F-Powerとの特定契約は、1年毎に自動更新されているため、1年毎の受給期間満了時において更新されない可能性があります(なお、F-Powerとの特定契約が中途解約された場合においても、中部電力株式会社との特定契約は存続することとなります。)。

このページの先頭へ